ジェルネイルとは?初心者ガイド

【ジェルの種類】ジェルネイルのジェルの種類について解説!

<p>■検索キーワード</p>

ジェルネイル 種類

<p>■読者の問題点</p>

どんな種類があるのか 自分に合うジェルの種類は?

<p>■記事を読む価値</p>

<p>■記事の根拠や信頼性</p>

<p>■導入文の書き方テンプレ</p>

<p>・読者の疑問が明確である ・疑問に対する回答がある ・回答の信頼性が担保されている</p>

<p>■参考サイト</p>

 

この記事でお伝えすること
  1. ジェルネイルの種類と特徴
  2. 自分に合うジェル合わないジェルがある

「ジェルネイルのジェルには種類があるって本当?」

「どんな種類があるの?」

と悩んでいませんか?

ユーザー
ユーザー
自分に合うジェルの種類が知りたい
ユーザー
ユーザー
どうやって自分に合うジェルを見つければいいんだろう
セルフ・りえ
セルフ・りえ
ジェルの種類を知っておけば自分に合うジェルが見つけやすいですよ!

そこで今回は、

ジェルの色んな種類についてお伝えしていきたいと思います。

この記事を読めば自分に合うジェルでジェルネイルを楽しむことができるようになりますよ!

ジェルの種類について詳しく知りたい人は読み進めてくださいね。

ジェルの種類と特徴

 

ジェルにはいくつかの種類があります。

セルフ初心者
セルフ初心者
ソフトジェルは聞いたことがあるけど、他にはどんな種類があるの?
セルフ・りえ
セルフ・りえ
柔軟性のあるソフトジェルは人気が高く、主流になっていますが実は色んな種類があるんですよ!
  • ソフトジェル
  • ハードジェル
  • カルジェル
  • バイオジェル
  • パラジェル

この5種類のジェルと、その特徴を紹介していきます!

ソフトジェル

ソフトジェルとはアセトン・ジェルリムーバーで落とすことができるジェルネイルのことです。

ソフトジェルは柔軟性が高いためソフトジェルと呼ばれています。

ソフトジェルの特徴を紹介していきます!

ソフトジェルの特徴
  • 専用の溶液(リムーバー)で落とすことができる
  • 仕上がりにツヤがある
  • 薄い仕上がりなのに長持ち
  • 色んなデザインを楽しむことができる
  • 締め付け感がない
  • カラーバリエーションが豊富

セルフ初心者
セルフ初心者
いい特徴ばかりですね♪ ソフトジェルネイルに欠点はあるの?
セルフ・りえ
セルフ・りえ
ソフトジェルネイルの欠点は、柔軟性が高いためネイルの長さを出しにくいということです。

長さを出すために人気なジェルが次に紹介するハードジェルになるので、続けて見ていってくださいね♪

ハードジェル

ハードジェルは、ソフトジェルのように溶液などで落とすことはできないジェルです。

その名の通りとても強度が高いジェルになります。

ハードジェルの特徴
  • 強度が高いため折れにくく丈夫
  • ツヤ感に優れている
  • 透明感がある
  • 爪の長さを出すのことができる
  • 爪の厚みを出すことができる
  • 大きなパーツを使った派手なデザインに向いている

ハードジェルの欠点の1つとしてあげられるのが、ハードジェルを落とすのが面倒であることです。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
ハードジェルはリムーバーで溶かすことができないため、ヤスリや専用の道具を使って落とさなければなりません。

無理に削ろうとすると自爪を傷つけ、痛めてしまうこともあるので注意しながら落としていきましょう。

カルジェル

カルジェルとは、カルブルックインターナショナルという会社が開発したジェルネイルのことを言います。

ソフトジェルの1種ですが、違いはメーカーが違うということと樹脂成分が少し異なることです。

ソフトジェル

カルジェルの特徴
  • 専用の溶液(リムーバー)で落とすことができる
  • 自爪や皮膚を傷付けない
  • ソフトで自然な質感
  • 個人での購入が難しい

カルジェルはスクールで講習を受けて卒業した人でないと購入することができません。

他のジェルに比べて価格が高く、仕事でカルジェルを使用する際は全種類そろえる必要があります。

バイオジェル

バイオジェルはハードジェルの1種でなので丈夫で持ちがよいジェルになります。

詳しい特徴を説明していきます!

バイオジェルの特徴
  • 素材が硬いため自爪を保護する能力が高い
  • ツヤ感が維持されるためトップジェルの塗りなおしが不要
  • 水分に強くカビの発生が起こりにくい

バイオジェルの欠点は長くしすぎてしまうとヒビが入り割れてしまう危険性があることです。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
他のジェルと比べると少し価格が高いのも欠点の1つになります。

パラジェル

パラジェルは爪を傷めないことが1番の特徴で、プロの間では使われることが多いジェルです。

パラジェルの特徴
  • 爪を削る必要がないため爪を傷めない
  • 硬化が早く熱を感じにくい
  • 硬化後の発色がキレイ
  • リムーバーがしみ込みやすく落とすのが楽

爪を削る必要がないため、爪を傷めずに健康をキープできるところが魅力の1つですね!

パラジェルには独特な扱い方があるのも大きな特徴になります。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
技術を持っていない人が施術してしまうとすぐに剥がれたり浮いたりしてしまうんです。

パラジェルを試したいと思っている人はパラジェルのライセンスを持ったネイリスとのいるサロンをおすすめします。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
なのでパラジェルの欠点としては、正しい使用方法を知らないネイリストだと長持ちの効果があまり出ないということです。

自分に合うジェルと合わないジェルがある

ジェルには紹介してきたように様々な種類のものが販売されています。

メーカーやブランドなど数多くあり、成分が微妙に異なっているので人によって合う合わないがでてきてしまいます。

紹介してきたジェルの特徴や欠点などを見極めて購入してみてください。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
まずは自分の爪の状態を知っておくことが大事になります。

自分の爪に合ったジェルを見つけるには少し大変かもしれませんが、どんなものかを1度試す必要があります。

まとめ:

今回はジェルの種類について解説してきました。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
ジェルネイルは様々なメーカーから出されているため少しですが成分が異なるということが分かったと思います。

大きく分けるとソフトジェルとハードジェルの2種類になります。

自分の爪の状態や質を把握した上でジェルを探すことをおすすめします。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
相性のいいジェルを見つけてジェルネイルを楽しんでくださいね♪