ジェルネイルとは?初心者ガイド

【初心者必見】セルフジェルネイルに必要なもの

この記事でお伝えすること
  1. ジェルを塗る前の下準備で必要なもの
  2. ジェルを塗るときに必要なもの
  3. ジェルをお落とす時に必要なもの
  4. 更にあると便利なもの

「セルフジェルネイルを始めたいけど、どんなものが必要なのかわからない」

「道具を一式そろえるの、大変そう…」

と悩んでいませんか?

 

ユーザー
ユーザー
セルフジェルネイルの道具をそろえるのって大変そうだから始めようか迷う…

 

ユーザー
ユーザー
必要なものを全部そろえたらお金が結構かかってしまいそうなイメージがあるんだけど…

 

セルフ・りえ
セルフ・りえ
揃えるものは、実はそんなにたくさんあるわけではないんですよ!

そこで今回は、

セルフジェルネイルに必要なものについてお伝えしていきたいと思います。

この記事を読めばセルフジェルネイルに必要なものがわかり、スムーズにジェルネイルの施術をすることができるようになりますよ。

セルフジェルネイルで欠かせないものが知りたい人ぜひは読み進めてくださいね。

セルフジェルネイルに最低限必要なもの

セルフジェルネイルを始める前に、必要な道具を揃えておきましょう。

セルフジェルを行うときの工程で必要なものが変わってくるので、説明していきます。

  • 下準備に必要なもの
  • ジェルを塗るときに必要なもの
  • ジェルを落とすときに必要なもの
  • さらにあると便利なもの

下準備(ジェルを塗る前)に必要なもの

ジェルネイルをするのに、まず下準備が必要です。

下準備を丁寧に行うことでジェルネイルの剥がれや浮きを防ぐことができます。

下準備に必要なものを揃えて、キレイで剥がれにくいジェルネイルに仕上げていきましょう。

  • エメリボード
  • バッファー
  • ファイル 180G
  • プッシャー

1つ1つ解説していきますね。

エメリーボード

エメリーボードとは爪やすりの1種で、爪切りを使うよりもキレイに仕上がります。

基本的に自爪の長さや形をキレイに整えるときに使用します。

エメリーボードなどの表面に数字が表記されています。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
それはやすりの粗さを示したもので、グリッドと言い数字が低いほど目が粗くなっています

エメリボードの表面に「100/180」と表記されている場合は表と裏で目の粗さが異なるので確認して使ってください。

バッファー

スポンジタイプの爪やすりです。

サンディング作業に使います。

バッファーで爪の表面に傷をつけ、ジェルと爪の密着度を上げていきます

バッファーは何回か使うとつるつるになり使えなくなってしまいます。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
できるだけ新しいものを使うようにしてくださいね!

ネイルサロンでは使い捨て用の小さなバッファーを使うこともあります。

1本のバッファーを小さく切って衛生的に使うこともおすすめです!

ファイル 180G

爪の先端をサンディングするのに使う爪やすりです。

爪の先端をきれいにサンディングすることでリフト(ジェルの浮き)しにくくなります。

プッシャー

プッシャーは爪の生え際にある甘皮を処理する際に使用する道具です。

甘皮を処理することによりジェルネイルを長持ちさせたり、見栄えがキレイに仕上がります。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
ネイリストには欠かせない道具と言われるくらい大事なものなんです

ジェルネイルをオフするときにも使います。

プッシャーはよいものを購入することをおすすめします。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
安いものだと爪に傷がついてしまう可能性もあるためです

使うときは力を入れすぎず丁寧にゆっくりと使用していきましょう。

ジェルを塗るときに必要なもの

ジェルを塗るときに必要なものについて1つ1つ紹介していきます。

キレイな仕上がりにするためには、とても大事な道具です。

  • ライト
  • ブラシ
  • クリアジェル
  • カラージェル
  • クレンザー・ワイプ

ライト

ジェルネイル用ライトとは、光をジェルネイルに当てることで固めていくライトのことです。

ジェルをのせた後にUVやLEDライトに当てると表面が硬化していき、ツルツルとした仕上がりになります。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
ライトにはUVとLEDライトがあり、お使いのジェルによって硬化する時間が異なります

使っているジェルの種類を確認した上でライトの購入をしてください。

ブラシ

ブラシは自爪にジェルを乗せていく際に使う筆のことです。

ジェルブラシは用途によってブラシの形が違い、種類があります。

必ず最初に揃えておいて欲しい基本のブラシを紹介していきます!

スクエアブラシ 筆先はまっすぐ。

爪全体にジェルを塗布することができる。

ベース・カラー・トップジェルを塗布するのに最適なブラシ。

フレンチブラシ 人気のフレンチデザインをする際に使用するブラシ。

毛先が斜めになっているため、キレイにフレンチデザインを作ることができる。

ラウンドブラシ 筆先は丸くカーブになっていて、甘皮部分や根元部分に使うことが多い。

毛量が多いためムラなくジェルを塗る事ができる。

アートブラシ 毛先がかなり細いアート用のブラシ。

細かい模様やラインなど繊細なデザインを施す際に便利なブラシ。

まずは使いやすいブラシを選び、挑戦してみてくださいね!

クリアジェル

クリアジェルとはジェルの1種で透明なジェルのことを言います。

べースや仕上げに使うことが多いです。

パーツを乗せた際には固定するためにも使います。

クリアジェルは、トップジェルとして使えないメーカーがあるので購入した際に説明書をよく読む必要があります。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
カラージェルにクリアジェルを混ぜて透明感のあるキレイな色を作ることもできるので、ぜひ試してみてください♪

カラージェル

カラージェルはベースを塗った後に乗せていく色のついたジェルのことです。

単色はもちろん、今はラメ入りやパステルカラーとグリッターなど豊富なカラーが揃っています。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
今は百均でもカラージェルを手に入れることができるんですよ!

ジャータイプとポリッシュタイプがあり、ジャータイプは先ほど説明したブラシを使い施術をします。

ポリッシュタイプはマニュキュアのように、簡単に塗ることができるジェルのことです。

クレンザー・ワイプ

クレンザーはジェルを硬化したあと、表面に残った未硬化ジェルのべとつきを拭き取るときに使用します。

自爪の油分や汚れなどを除去したりブラシのクリーニングにも使うことができます。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
ワイプやコットンに含ませ、ブラシをクリーニングします

ワイプはクレンザーを含ませて、未硬化ジェルのべとつきを拭き取るのに使用します。

身近にあるものでキッチンペーパーや、毛羽立ちの少ないコットンなどでの代用も可能です。

ジェルを落とすとき(オフ)必要なもの

ジェルをキレイに落とすときに必要なものを紹介していきます。

剥がれたり浮いてきたときに無理に剥がすことはせず、こちらの道具でキレイに落としていきましょう。

  • ファイル 150G
  • コットン
  • リムーバー
  • アルミホイル

ファイル 150G

ジェルネイルを削るために使います。

リムーバーがジェルに浸透しやすくなるための作業になります。

コットン

リムーバーを含ませ、ジェルを落とすのに使います。

リムーバーがしみ込みやすいコットンがおすすめです!

リムーバー

リムーバーはジェルネイルを落とす専用の液になります。

リムーバーにはいくつかの種類があり、使っているジェルのマーカーなどに応じて使い分ける必要があります。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
使い分けないと爪が傷み、ボロボロになってしまう可能性があります

ジェルネイルは除光液では落ちません。

必ずジェルネイル専用のリムーバーで落とすようにしてください。

アルミホイル

ジェルを落とすときにジェルリムーバーが浸透するように、リムーバーを含ませたコットンとともに指に巻くために使います。

アルミホイルを巻くことで、リムーバーが乾くのも防いでくれます。

家庭用のアルミホイルを使ってもOKです。

使いやすい大きさにカットして使いましょう。

さらにあると便利なものBEST3

たくさんのセルフジェルネイルに必要なものがありますが、さらにこれがあると便利で仕上がりがキレイになるものを紹介していきますね。

家庭にあるもので、代用もできるのでそちらも参考にしてみてください!

ネイルダストブラシ

ネイルブラシは爪をファイルで削り整えたあとに、爪や爪の溝に入り込んだダストを取り除くためのものです。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
爪の汚れや油分も除去してくれるのでリフトの予防にもなりますね!

ウッドスティック

木でできた細いスティックです。

ベースジェルやカラージェルがはみ出してしまったときの修正に使います。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
ウッドステックがない場合は、つまようじでもOKです!

保湿オイル

ジェルネイルの仕上げに爪の周りの皮膚に塗り、皮膚の保湿をするために使います。

もちろんジェルネイルを落としたあとにも、爪の保護・保湿をするためにも必要になります。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
保湿オイルが無い場合はハンドクリームを使ってもOKですよ!

いい香りがするネイル用オイルや、見た目も可愛いものがたくさんあるのでチェックしてみてください♪

デザインで必要なものは変わってくる

ジェルネイルのデザインは数えきれないほどあります。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
デザインによって必要なものは変わることもあるので紹介しますね!

その中でも、シェルやラインストーンなどを乗せるデコネイルが人気デザインの1つになっています。

このパーツを乗せるために必要なものがピンセット・接着剤になります。

ピンセットはネイルパーツを掴み、付けたい位置にキレイに乗せるために使います。

セルフ・りえ
セルフ・りえ
ピンセットやデコパーツは百均でも購入することができますよ!

接着剤はネイルのパーツを付ける専用のものがあります。

クリアジェルで固定させることもできますが、大きいパーツの場合は落ちにくくするために専用の接着剤を使うことをおすすめします。

デコネイルが気になる人はぜひ挑戦してみてくださいね♪

最低限の道具が揃っているキットがおすすめ

セルでできるジェルネイルキット商品が最近ではどんどん増えてきています。

キットの中にはこれまで紹介してきた道具が揃っているものがたくさんあります。

なので、1から全部の道具を揃えるよりセルフジェルネイルに必要なものが揃っているキットを購入することをおすすめします。

ユーザー
ユーザー
たくさんのキットがあるから選び方のポイントを教えてほしい!

1番のポイントはジェルと硬化ライトがセットになっているものです。

ライトが付属しているキットは少し値段が高めになってしまいますが、ライトはジェルネイルにとって必需品です。

キットで購入した方が、同じブランドなのでジェルの硬化も完璧にできます!

セルフ・りえ
セルフ・りえ
パーツなど、デコレーショングッツがたくさん入ったキットもあるので自分に合うキットを探してみてくださいね!

まとめ:

初心者だし、1つずつ道具を揃えるのはやっぱり大変!と思うかもしれません。

ですが百均で揃えられるものもありますし、家庭にあるもので代用できるものもあります。

下準備で剥がれや浮き浮きを防ぐのに大事な道具は日必需品です。

もちろん、ジェルネイルをするときに使う道具も必需品なので、この記事を参考に集めてみてください!

必要なものを正しく使い、きれいなジェルネイルに仕上げてみましょう!